STEP10 基金について決める|やさしく解説!一般社団法人・一般財団法人設立

一般社団法人・一般財団法人設立センター【全国対応】

STEP10 基金について決める

 

◇基金

 

STEP⑥の社員のところで、一般社団法人を設立する際には、資金はいらないため、資本0円でも設立できるという話をいたしました。

しかし、そうは言っても事業を行い、法人を運営してくためには資金が必要になります。

その資金を調達して、安定した財産を作るための制度が基金です。

基金制度といってもこの方法を採用することができるというだけで、採用しなくても問題はなく、あくまで任意です。

基金は、社員だけでなく社員以外の個人や法人から集めることもできます。

 

ただ、基金制度を採用する場合には、注意が必要です。

基金は株式会社の資本金とは違い、基金を出してくれた人に返還する義務があるのです。

そして、基金制度を採用する場合には、基金の拠出者の権利に関する規定や基金の返還の手続を必ず定款に定めることが必要となります。

また、基金制度は、いったん採用すると途中で廃止することはできませんし、株式会社の減資のように基金を減少させることもできません。

これらを踏まえ、基金制度を採用するか否か決めてください。

これでチェックシートの欄がすべて埋まったと思います。これで必要事項の決定は終了です!お疲れさまでした。

 


 

よくあるご質問
特定商取引法に基づく表示
運営者情報
比較・解説!本当に一般法人で いいですか?起業時に使える各種法人のメリット・デメリット
選択制顧問サービス「七人の士(サムライ)」
法律サービスであなたのチカラに!
対応エリアは全国です!

日本全国よりご依頼いただき、2000件超の実績があります!
過去に依頼実績がある地域はこちら
【北海道地方】北海道
【東北地方】青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県
【関東地方】茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県
【中部地方】新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県
【近畿地方】三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
【中国地方】鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
【四国地方】徳島県,香川県,愛媛県,高知県
【九州地方】福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県
【沖縄地方】沖縄県

おかげさまで全都道府県からの依頼を受けることができました。