STEP5 公告方法を決める|やさしく解説!一般社団法人・一般財団法人設立

一般社団法人・一般財団法人設立センター【全国対応】

STEP5 公告方法を決める

 

◇公告方法

 

一般社団法人は、毎事業年度ごとに、決算書類(具体的には貸借対照表)を公開・発表する必要があり、これを「公告」と言います。「広告」ではありませんので、ご注意下さい。公告するにあたって、官報や電子公告といった方法がありますが、「事務所掲示」という方法を選択することができます。
つまり、主たる事務所の見やすいところに掲示して、周知させる方法です。
この方法が一番費用も少なく済むのでおすすめです。
 
もちろん、事情によっては官報や電子公告がいいという場合もあろうかと思います。その場合には、一度ご相談下さい。
 
 
 
よくあるご質問
特定商取引法に基づく表示
運営者情報
比較・解説!本当に一般法人で いいですか?起業時に使える各種法人のメリット・デメリット
選択制顧問サービス「七人の士(サムライ)」
法律サービスであなたのチカラに!
対応エリアは全国です!

日本全国よりご依頼いただき、2000件超の実績があります!
過去に依頼実績がある地域はこちら
【北海道地方】北海道
【東北地方】青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県
【関東地方】茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県
【中部地方】新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県
【近畿地方】三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
【中国地方】鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
【四国地方】徳島県,香川県,愛媛県,高知県
【九州地方】福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県
【沖縄地方】沖縄県

おかげさまで全都道府県からの依頼を受けることができました。